ヨガのある生活で、毎日を心地よく。
心もカラダもハートフルになれる手のひらメディア。

みなさま、こんにちは!

ホットヨガスタジオLAVAのトップインストラクターとしてLAVAの店舗や、オンラインヨガUCHIYOGA+にて、ヨガのクラスを担当しています、元石卿子(もといしきょうこ)です。

前回のコラム【連載】私に寄り添うフェムケアヨガ–第6話–みんなのリアルなフェムケア事情~私の実体験~では、なかなか人には聞きにくい!?リアルなフェムケア事情についてお伝えしました。

今回は、ママとして二人のお子さんを育てながら、ヨガインストラクター兼トレーナー(インストラクターの育成担当)として活躍する山口美香さんに話を聞いてみました。

■ヨガから教わった、心とカラダの声を聞く大切さ

元石

こんにちは。今回は山口美香さんのフェムケア事情を聞いていきたいと思います。美香さん、よろしくお願いします。

はい!よろしくお願いします〜!

山口

元石

美香さん、ほんとにいつ会っても元気ですよね!ヨガインストラクターとして、母として、女性としていつも素敵な美香さんですが、生活の中ではどのようなフェムケアをしていますか?

そうですね。色々ありますが、大切なポイントは心とカラダの声を聞いて、メリハリをつけて日々を過ごすようにしていることだと思います。生理周期やホルモンバランスの変化によって、心やカラダに波が起きるのは仕方のないこと。だからこそ、調子が良くないなっていう時は、適度に家事を手抜きしたり、休息時間を作るようにしていますね。

山口

元石

やっぱり自分のバイオリズムと上手に付き合っていくことって大事ですよね。ちなみに、そんな美香さんでも、過去に心やカラダとうまく付き合えず、苦労した思い出はありますか?

もちろんありますよ!ヨガを始める前は、夜眠れないほど生理痛がひどくて、常に鎮痛剤を手放せませんでした。今振り返ると、当時は必要以上に仕事を頑張り過ぎていたり、体の状態を無視して遅くまで遊んだり・・心やカラダの声を聞けていなかったように思います。

山口

元石

ということは、ヨガを始めたことがきっかけで、心やカラダのサインに敏感になったということですか?

そうですね。カラダの状態に興味を持ち始め、今の自分に目を向けることで、内側の声が聞けるようになったのだと思います。その結果、ストレスを一時的にごまかすためにしていた暴飲暴食やお酒の飲み過ぎが減り、「あ、体調が良くない時は休んだ方がいいんだ」と、自分に対して優しくなれました。

山口

■妊娠・出産・子育てを助けてくれた、私なりのフェムケア

元石

美香さんには二人のお子さんがいますが、 妊娠や出産をきっかけに変わったことはありましたか?

わかりやすい変化としては、カラダの調子がよくなりました!辛かった生理痛が出産後はほとんど無くなりましたし、カラダの歪みが改善されて、新しい自分にリセットされたような感じがしています。

山口

元石

それはすごいですね!出産後は、何か特別な取り組みをされたんですか?

出産後のトレーニングや骨盤矯正などに励み、一定の効果はありましたが、それ以上に、生活を見直して自分を労われるようになったことが一番大きい要因だと思います。実は、結婚してしばらくは妊活をしてもなかなか妊娠ができなくて。自分の生活が不健康なのかもと気づき始めた時期にヨガと出会ったこともあり、このままじゃいけないとライフスタイルを見直すようになったんです。

山口

元石

そうなんですね。具体的に変えたことはなんでしたか?

とにかくカラダを冷やさないことを意識するようになりました。服装に気を配ったり、運動習慣をつけて代謝を上げたりしているうちに、驚くほど生理痛が軽くなったんです。その後、妊娠・出産を経験しましたが、妊娠前に比べて心もカラダも随分穏やかになっていたと思います。

山口

元石

心やカラダの声を聞けるようになったことが、元気に過ごすためにも、ママになるためにも、大切なことだったんですね。ちなみに、生活において難しかったことはありましたか?

自分の思うようには全てがいかないということを、妊娠・出産・子育てを通して痛感しました。例えば、必ずしも望んだタイミングで子供を授かれるわけじゃないとか、子供が予想外の行動をとってすごく困るとか。ただ、そんな場面にこそ、普段のヨガの経験が役立ったと思います。

山口

元石

具体的にどんな風に役立ったんでしょうか。

沢山ありますが、その中でも、特に呼吸法や瞑想は、心を落ち着かせる上でとても役立ちました。妊娠・出産・子育てを通し、全てがはじめての連続で戸惑うことばかりの毎日でも、常に前向きに過ごせたのは、心とカラダを整える方法を知っていたから。こうして振り返ってみても“ヨガ”って、つくづく立派なフェムケアだなって思います。

山口

■自分も相手も大切にすること

元石

聞くところによると、美香さんのお宅は、旦那さんが単身赴任をされているんですよね。ほぼ一人で男の子二人の育児をされているそうですが、いつお会いしても、その大変さを感じさせないくらい爽やかですよね!仕事と子育てをうまく両立できているのは何故ですか?

全然余裕なわけではないのですが(笑)、生活の基本である【食事・休息(睡眠)・適度な運動】を何よりも大切にしています。子育て中は自分に掛けられる時間がどうしたって少なくなるもの。キャパオーバーになって体調を崩さないよう、生活の土台を整えることを大切にしています。

山口

元石

やっぱり健康的な生活と元気なカラダがあってこその、仕事と家事の両立なんですね!時間の使い方はどのように工夫をされているんですか?

カラダのバイオリズムに合わせて、週ごとに仕事量を調整したり、睡眠時間をきちんと確保できるように、日ごとのスケジュール立ては慎重にしています。また、ヨガの練習時間は「1日45分間だけ」と決めて集中的に行い、限られた時間の中で“自分の時間”と“家族の時間”のどちらも作る工夫をしています。

山口

元石

心の面で意識されていることはありますか?

子育てを通して感じた心の変化なんですが、過ぎたことに囚われすぎず、気持ちの切り替えができるようになりました。例えば、子どもが何か問題を起こした時に、問題を責めることよりも、“次どうしたら、こうならないか?”という考え方をするようになりました。そのような考え方が癖づくことで、仕事やそれ以外の時間でも、毎日がより前向きになった気がします。

山口

元石

家族との時間を通して、毎日が前向きになるなんてすごく素敵です。だから美香さんはいつもイキイキしながら、子育てとお仕事を両立しているんですね!

そうだと嬉しいです!正直難しいこともありますが、過ぎたことに囚われず、最終的には家族や周囲がより良くなればいいなって気持ちでいるようにしています。その方が、自分の気持ちを一方的にぶつけるだけではなく、相手のことを理解しようと思えるから、心も穏やかな気がします。

山口

元石

心地よい毎日を過ごすためにも、周りの方とのコミュニケーションは不可欠ですよね。ヨガを通して心とカラダの声を聞き、自分を大事にしてきたからこそ、自分も相手も尊重できるようになったのでしょうか。

はい。子供や夫、仕事仲間・・いろんな方と日々接しますが、みんなそれぞれの価値観を持つ「一人の人」であることを忘れずにいたいと考えています。そしてなにより、私が自分を大事にする過程で心とカラダの変化を感じた張本人だからこそ、自分の子供にもそれと同じことをしてほしいという気持ちが湧いています。

山口

元石

「自分を大事にする」ヨガに長く携わってきた美香さんから、読者の皆さんに向けて、日々の中で取り入れやすいヨガポーズや練習法はありますか?

「骨盤底筋を鍛えること」と「瞑想」ですね!ホットヨガスタジオLAVAのクラスであれば、【美律ホルモンヨガ】は、骨盤底筋のトレーニングと瞑想のどちらもできるので、とってもおススメです。また、なかなか忙しくてスタジオに行けないという場合は、こちらもホットヨガスタジオLAVAが監修する瞑想アプリMEISOONというスマホアプリでも手軽に瞑想ができるので、ぜひ活用してみてください!心とカラダの声を聞くことは、フェムケアの第一歩になるので、是非少しずつでも生活に取り入れてみてください。

山口

元石

美香さん、今日は素敵なお話をたくさん聞かせてくださりありがとうございました!


みなさま、今回のインタビューはいかがでしたでしょうか。「心とカラダの声を聞くフェムケア」を、スタジオやお家でぜひ始めてみてくださいね^^そのひとつひとつが、自分を労わり、周りの方までもを大切に想う、大切な時間になるはずです♪

■フェムケアを日常に

普段なかなか聞くことがないみんなのフェムケア実体験。いかがでしたか?
次回は遂に最終回となる、みんなのリアルなフェムケア事情のインタビューを配信予定です。
お楽しみに~♪

【PR】UCHIYOGA+(うちヨガプラス)
オンラインヨガの決定版!ホットヨガスタジオLAVAの人気レッスンをご自宅で。
ライブレッスンは早朝6時から夜22時開始まで、ビデオレッスンは24時間お楽しみいただけます。


提供元:オンラインヨガならホットヨガスタジオLAVA UCHIYOGA+(うちヨガプラス)

■ホットヨガスタジオLAVAから新登場!

フェムケアアイテムならLapre(LAVAオンラインストア)

ホットヨガスタジオLAVA
PR

ヨガのある生活で、心とカラダを心地よく♪
全国で手ぶら体験受付中!
ホットヨガスタジオLAVA

体験レッスンも受付中レッスンのご予約はこちらから

この記事を書いた人