私に寄り添うフェムケア

すべての女性へ

ライフステージにより変化する、女性の心とカラダ。
生理痛やPMS、更年期障害など、女性ならではの不調が生じることも。そんな心身にやさしく寄り添うヨガポーズを通して、すべての女性が自分を大切に感じ、どんな毎日もイキイキと過ごせるヒントがたくさん詰まったレッスンです。

Femcare(フェムケア)とは「Feminine(女性の)」と「ケア(Care)」をかけあわせた造語で、女性の体や健康のケアをする製品やサービスをあらわしています。

Lessonレッスン内容

「私に寄り添うフェムケアヨガ」は、思春期、性成熟期、更年期、円熟期、4つの女性のライフステージに分けてプログラムが構成されており、各ステージにおける心とカラダの変化や、生じやすいお悩みに合わせたヨガのポーズと呼吸法を行います。

女性らしい
カラダに成長する
思春期

成長の悩み、ナイーブなこころ、生理の悩み

ライフイベントによる
環境変化が多い
性成熟期

骨盤の歪み、PMS、膣トラブル

自律神経の
バランスが乱れがちな
更年期

意欲の低下、イライラ不安、肩こり冷え性

体力の低下を
感じやすい
円熟期

カラダが疲れやすい、高血圧、尿トラブル

Lessonわたしたちがつくりました

「私に寄り添うフェムケアヨガ」は全国約3,000名のLAVAインストラクターの中から選ばれたトップインストラクターによって開発された特別なプログラムです。

前向きになるヒントに

女性の心とカラダはいつだって不安や悩みがつきもの。抗おうとすると疲れやストレスを抱えることも。そんなときに“ヨガを通して自身と向き合い、前向きになるヒントを得ることができたら”そんな想いを込めてプログラムを作りました。各世代の女性の心身にやさしく寄り添い、一人でも多くの女性の支えとなりますように。

UCHIYOGA+ LIVEレッスン担当元石卿子

頑張る女性のための
1時間

女性特有のホルモンのゆらぎに戸惑い、上手く対処できずに悩んでしまう。理由なく自分を責めたり、落ち込んでしまうことも…。しかし女性である私たちの毎日は変化に溢れ、その分とてもセンシティブです。その繊細さを知り、まるごと受け入れることができる、頑張るすべての女性のためのやさしい1時間です。

UCHIYOGA+ 動画レッスン担当村上里菜

Lesson実際にレッスンを体験してみて

人生を振り返り、
今の自分と向き合う時間に

40代 女性

前傾姿勢で過ごすことが多く、胸を開く・背中を反らすポーズがぎこちなく感じましたが“女性として色々経験してきた私のカラダ”だと今の自分を否定せずに受け入れられました。加齢に伴い、できない動きが増えていきますが、無理に抗おうとせず、自分らしく向き合っていこうと思える時間でした。

年齢による変化を受け入れ、
前向きな気持ちに

20代 女性

自分の人生を追体験しながら内観を深めていく新感覚のプログラムでした。女性が直面する様々な変化に対し、一つも否定することなく、自然と受け入れることができるようになり“色んなことがあったからこそ、今の自分がいるんだ”と、レッスン後は不思議と前向きな気持ちになれました。

時間旅行をするような
不思議な体験

40代 女性

カラダの部位にアプローチするヨガと違い、これまでの人生を振り返ったり、晩年までの人生を考えたりと、たった1時間のレッスンなのに、まるで時間旅行をするような不思議な感覚がありました。心とカラダ両方へプラスの影響があり、今までのフェムケアにはない新鮮さを感じました。

娘や周りの女性を
思いやるきっかけに

50代 女性

ストーリー仕立ての内容なので年代ごとのケアをスムーズに理解できると同時に、自身の年代以外のことも学べるので、他者への思いやりにも繋がる時間でした。思春期・反抗期真っ盛りの娘に対し“いつも大変だよね、不安だよね”と、もっと寄り添い、労わってあげたいと思うきっかけになりました。

※個人の感想になります。

Lessonフェムケアの大切さ

医療法人社団りつのクリニック
産婦人科専門医
立之 侑子医師

悩みは一人で抱えず
すべての女性が快適に

女性の心とカラダの変化は、生涯にわたって女性ホルモンの分泌と密接に関係しています。初潮を迎える思春期から年齢を重ねるにつれてホルモンバランスは変化し、心身にさまざまな影響をもたらします。

月経トラブルやホルモンバランスに伴う不調があっても、日本人女性は「仕方がないから」「あまり人に言う事じゃないから」と我慢しがち。悩みを一人で抱えてしまう人が多く、世界と比較しても日本は女性のヘルスケアリテラシーがとても低いことが分かっています。

女性が心身健康でいるためにはまず、女性ホルモンやカラダの変化について正しく理解することが大切です。ホルモンバランスを整えることを意識すると、日常生活を快適に過ごすことができます。

「私に寄り添うフェムケアヨガ」は各年代の女性のホルモンバランスに着目し、ヨガの呼吸やポーズを行うことで、自律神経やホルモンバランスを整える効果が期待できます。このプログラムを通して全ての女性の日常がより輝けるものになればと思います。

医療法人社団りつのクリニック
産婦人科専門医
立之 侑子医師

日本産科婦人科学会専門医。順天堂大学付属順天堂医院、順天堂大学付属浦安病院などの勤務を経て、現在は婦人科で地域の方々を中心に婦人科外来や検診を行っている。3人の育児と診療に奔走するママドクター。

Lesson

「私に寄り添う
フェムケアヨガ」を
受講するには

日本最大級のホットヨガスタジオ
“LAVA”が運営するオンラインヨガ