MENU

LAVAコラムLAVA公式ヨガブログ


【渡航記②】えっ!!インドにはカレーもナンもないの!?

2016/07/19

こんにちは。

ホットヨガスタジオLAVAです。

本日の【暦と暮らすヨガ】では、
この1年半の間になんと5回もインドを旅している
LAVA本部社員M.O氏より寄せられた
『インド渡航記~カレー編~』をお届けします。

現地のレストランでメニューを見て衝撃...!

インド料理と言えば、カレーとナン!
日本でどんなインド料理屋さんに行っても
ほぼほぼ「ナン」はあります。

お店によって多少味が違うこともありますが、
もっちりアツアツのナンと
カレーとナンの相性は抜群で、
あぁ~インド料理大好き!となりますね。


ところが、本場のインド料理を食べようと、
インドへ渡り、レストランでメニューを見ても、
「○○カレー」や「ナン」の文字がどこにもない...!

えーーーーーーーー!!

日本のレストランでは、チキンカレー、野菜カレー、
マトンカレー、ダルカレーといった具合に、
メニューには「○○カレー」と記載されていて、
「カレー」というカテゴリーだってありますよね。

しかし、本場のはずのインドでは、
「カレーをください」と注文したところで、
「それはいったいなんですか?」という話になるのです。

インドでは、
野菜やお肉をどのような味付けで調理したかということが
書かれているだけで、「○○カレー」という記載はしていません。

つまり、
・○○の野菜を辛めのスパイスで炒めたもの
・○○の野菜をスパイスで煮込んだもの
・○○と●●の炒め煮
などに分かれていて、それぞれに名前があります。

例えば、ひよこ豆のカレーは「チャナー マサーラー」、
ほうれん草とカッテージチーズのカレーは「サグパニール」、
チキンカレーは「チキンマサラ」など。


現地の言葉で書かれたメニューに
「カレー」にあたる共通の文字は見当たりませんよね。

ですので、インドでカレーを食べたい!という場合は、
予めお好みのカレーの名前を覚えておくのがオススメ。

もちろん、その場で決めて、どんなカレーが出てくるのか
ちょっとしたスリルを味わうのもまたいいかもしれません(笑)
辛さは本場のものもありますが、
概ね味付けはスパイスの効いたいわゆる「カレー風味」。
なので、日本人でも美味しく食べられますよ♪

ナンは日本人の好物、インドではぜいたく品!?

では続きまして、ナンのお話!
以前、日本在住のインド人からインド料理を学んだ際に、
その方に伺ったウソみたいな本当の話をご紹介します。

「はい、皆さん。インドにナンはありません。
インドの家にタンドールは無いですし、
小麦粉はぜいたく品でもあり、頻繁には食べません。
北インドでは主に小麦で作った丸形のロティや、
全粒粉で作ったチャパティを食べていて、
南インドの主食はお米なのです!

インド人はナンを食べません。
でも日本ではナンが広がっているので
日本のインド料理店では出していますが、
インドでナンは食べられないので知っておいてください!」


この話を聞いた当時はビックリしましたが、
確かにインドであのいわゆる「ナン」を見たことも
食べたこともありませんし、
南インドでは毎食のようにご飯やチャパティが出てきました。

でも、実際にインドに行ってみると、
温かくて湿気のあるあの気候の中で食べるには、
確かに、さっぱりとしたご飯やチャパティの方が
おかずとの相性がバッチリ!

ん~、本場のインド料理というのは、
インド独自の空気とともに味わってこそ
楽しめるものなのかもしれませんね。

皆さまもぜひ、機会がありましたら
ヨガとカレーの本場インドへ足を運んでみてください♪

まずは気軽に体験レッスンから♪

Webでご予約

LAVA
コールセンター

受付時間 平日 8:30~21:00/
土日祝 8:30~18:00
  • ※間違い電話が多発しているためお掛け間違いにご注意ください。
  • ※ご予約の際は本登録時に発行される「会員番号」のご用意をお願いいたします。

LAVAがお届けする1時間のヨガレッスンは、一人ひとりのお客様にとって、かけがえのない特別なひと時。 心身の疲れをリセットする人、お悩みを解消して新しい自分へと踏み出す人もいれば、今ここにある全てに感謝する人も。 その1時間は、人がひとつ幸せになるための1時間。その積み重ねで、人生はどこまでも豊かになっていく。 だからこそ、LAVAは「ヨガを通してひとりでも多くの人を幸せに」という想いをこめて、質の高いレッスン・心を込めたサービスを提供します。

ホットヨガスタジオLAVA   ―それは、人生のための1時間。

サイトマップ